製品インストール内容の修復

場合によっては、デフォルト設定を復元したりプログラム ファイルを再インストールしたりするために、VirusScan Enterprise のインストール内容を修復することが必要になります。この操作は、VirusScan コンソール またはコマンドラインから実行できます。


VirusScan コンソール の使用

修復インストール]ユーティリティを使用するには、VirusScan Enterprise 8.8 コンソールから[ヘルプ]、[修復インストール]の順に選択します。
注意: この機能は ePolicy Orchestrator コンソールからは使用できません。

オプション 定義
すべての設定をデフォルトに戻す
VirusScan Enterprise のデフォルトのインストール設定を復元します。
警告:
インストール後に変更した設定は無効になります。
アプリケーション ファイルをすべて再インストールする
VirusScan Enterprise のアプリケーション ファイルを再インストールします。
警告:
HotFix、パッチ、およびサービス パックは上書きされることがあります。


コマンド ラインでの SETUPVSE.exe の使用

コマンド ラインから SETUPVSE.exe コマンドを使用して VirusScan Enterprise を修復または再インストールするには、次のコマンドを使用します。
注意: REINSTALLMODE のコマンド ライン パラメータ オプションについては、http://msdn.microsoft.com/en-us/library/aa371182(VS.85).aspx で「REINSTALLMODE Property」を参照してください。

説明 コマンド
プログラム ファイルのみをインストール SETUPVSE.exe REINSTALLMODE=sec /q
レジストリ ファイルのみをインストール SETUPVSE.exe REINSTALLMODE=secum /q
プログラム ファイルとレジストリ ファイルの両方をインストール SETUPVSE.exe REINSTALLMODE=amus /q

コマンド ラインでの msiexec.exe の使用

コマンド ラインから msiexec.exe コマンドを使用して VirusScan Enterprise を修復または再インストールするには、次のコマンドを使用します。
注意: msiexec.exe のコマンド ライン オプションについては、http://support.microsoft.com/kb/314881 で「The Command-Line Options for the Microsoft Windows Installer Tool Msiexec.exe」を参照してください。

説明 コマンド
プログラム ファイルのみをインストール msiexec.exe /I VSE880.msi REINSTALL=ALL R
EINSTALLMODE=sa /q REBOOT=R
レジストリ ファイルのみをインストール msiexec.exe /I VSE880.msi REINSTALL=ALL REINSTALLMODE=mu /q REBOOT=R
プログラム ファイルとレジストリ ファイルの両方をインストール msiexec.exe /I VSE880.msi REINSTALL=ALL REINSTALLMODE=samu /q REBOOT=R

製品インストール内容の修復